65歳以上でも申し込み可能

年金収入は一定の収入として認められる

65歳以上になるとお金を借りるのも面倒だと思い利用しないひともいるのではないでしょうか。
しかし65歳だからといって、キャッシングができないわけではないのです。

 

キャッシング会社に必要なのは一定の収入です。
極端な話ですが、無職などで収入のないひとはキャッシングでお金を借りるのは難しいです。
しかし65歳以上の高齢者なら年金の受給があるはずです。
年金の受給はキャッシング会社の一定の収入に該当しますから問題ありません。
サラリーマン時代に比べて借りられる金額は少なくなるかもしれませんが、年金受給者の65歳以上の高齢者だからといって断られるわけではないのです。

 

それよりも一番重要なのは年齢制限です。
キャッシング会社にはお金を借りるときの年齢制限を設けています。
会社によって異なりますが、20歳から70歳のところが多いでしょう。
ですが会社によっては65歳では年齢制限により借りることができない可能性があります。
ですから年齢制限の確認は重要です。

 

しかし、高齢者がキャッシングするときに注意点があります。
総量規制の導入により貸金業で規制される会社からのキャッシングは年収の3分の1までという規制があるからです。
65歳以上のかたでも働いているひともいますが、ほとんどのひとは年金受給者でしょう。
年金受給も一定の収入として認められますが、借りられる金額に影響がでますから注意が必要です。

 

最近では来店せずに電話やインターネットで相談できるところも増えてきました。
キャッシングする場合もインターネットで行うことができます。
車が運転できなくなったり、バスに乗るのが大変な高齢者の方には嬉しい話です。
外出が億劫になる高齢者のかたは、一度相談してみてはどうでしょうか。