自営業のキャッシング

総量規制のない自営業者

自営業者の悩みはお金を借りにくいことです。
ですが、自営業者にお金の悩みはつきものです。
特に開業して間もないころだと、少ない売り上げでどうすればいいのか悩むひとも多いでしょう。

 

クレジットカードを作るにも、キャッシング会社を利用するにも自営業者への審査は厳しいのが現状です。
クレジットやキャッシング会社はサラリーマン時代は、審査を受けるとするに利用できたのに自営業者になったとたんに利用が難しくなるのです。
自営業者がお金を借りるときの審査基準は、収入が多ければ良いかという単純な問題ではありません。
事業がそれなりの売上や収入があっても借りれないというケースはあるようです。
つまり、それほどまでに自営業者の社会的信用度は、審査基準やお金を貸す側として低く見られているという事なのです。

 

自営業者がお金を借りるのは難しいということは分かりましたが、全てのキャッシング会社がお金を貸さないというわけではありません。
中には、自営業者お断りを掲げているキャッシング会社もありますが、きとんとした手続きをすれば大丈夫なところもあります。
キャッシング会社はお金を返してくれるという信用によって、成り立っています。
ですから、実な定期収入が見込めるサラリーマンがどうしても優遇されます。

 

しかし自営業者にはサラリーマンにはない利点もあります。
サラリーマンは、年収の3分の1しか借りることが出来ないの貸出制限がありますが、自営業者にはこれがありません。
現在、キャッシング会社は総量規制の影響で貸出制限をされていますから、それが関係なくなる自営業者への貸出は魅力的ともいえます。
あなたの事業がキャッシング会社からの信用を得られれば、お金の悩みをサポートしてくれる素晴らしい存在になるかもしれません。