利用履歴はローンに影響する?

早めに返済をすることが大切

住宅を購入しようと思ってローンを組む人の中には、過去のキャッシングの借金が影響を与えないか心配になるひともいるでしょう。
どのようにキャッシング会社からお金を借りているのかによって状況は変わります。

 

現在もキャッシング会社からお金を借りている場合は、住宅ローンなどを組むのは難しいでしょう。
借金をしているかどうかは、信用情報機関を通じて銀行などに分かってしまいます。
ですから、銀行にばれずに住宅ローンを組むのは不可能なので、現在の借金を返済することから始めましょう。

 

次に問題なのは、キャッシングの利用履歴によって、住宅ローンなどを組めるかどうかです。
ただキャッシング会社からお金を借りているだけでは影響はあまりありません。
問題なのは、返済時にトラブルがあった場合です。
キャッシング会社からお金を借りているときに、踏み倒したり、返済期間の延長をしてしまったら、金融事故としてブラックリスト扱いをされます。
実際にブラックリストという物は存在しませんが、信用情報機関などで要注意人物扱いされます。
こうなるとお金に関する信用がないので、住宅ローンを組むのは難しいでしょう。

 

一度キャッシングでトラブルをしたからと言って、二度とローンが組めないわけではありません。
信用情報機関に載っている情報は5年ごとに更新されます。
過去に返済の延長をしていたとしても、5年経過していて、トラブルがなければ住宅ローンを組める可能性は十分にあります。

 

住宅ローンをはじめとするローンの審査基準は銀行によって様々です。
審査の緩い銀行を探すのも一つの方法ですが、キャッシングのトラブルを起こさないのが一番です。
いずれにせよ早めにキャッシングの返済をして、ローンの手続きを始めましょう。