返済に時効はあるのか?

きちんと返済しましょう

殺人事件などで時効が成立すると、犯人を逮捕することができなくなります。
こういった話はニュースや刑事ドラマのなかで見かけますが、お金の貸し借りにも時効は存在します。

 

お金の貸し借りに関する時効は返済日を過ぎているにも関わらず、一定の期間お金の返済をしない状況が続きくと時効が成立します。
時効はほかにも成立する条件がありますが、簡単に説明すると上記のようにお金を支払わない一定期間が続けば成立します。
時効が成立すると法律的にお金を支払う義務がなくなります。
もっと言ってしまえば、借金がチャラになります。

 

返済に関する時効は、キャッシングでも有効です。
キャッシング会社は賃金業者や銀行からお金を借りた場合に該当するので、5年間借金を全く支払わないことで時効が成立します。

 

ただし、ただお金の支払いを止めれば時効が成立するわけではありません。
時効を成立させる為には、時効が成立しているので返済義務がないことを相手に伝える必要があります。
これを法律的に『時効の援用』と言いますが、時効はこの時効の援用をして初めて成立します。

 

もちろんキャッシング会社も黙って時効の成立を待っているわけではありません。
時効の成立を防ぐために、裁判や差し押さえなどでお金を回収したり、時効期間の延長を図ろうとする場合もあります。

 

時効が得かどうかは、その人の経済状況にもよりますが、最悪の場合は5年から10年以上もキャッシング会社から逃げる必要があります。
そんなことをするくらいなら、きちんと返済したりするのがいい場合もあります。
ただ借りたものはきちんと返すのが原則ですから、その原則に外れている行為であることは自覚するべきでしょう。