キャッシングの残高不足

返済時の残高不足には注意

残高不足とは、銀行口座の金額が不足していることを思い浮かべますが、キャッシングの世界では違います。
キャッシングの世界の残高不足にはいろいろな意味があります。

 

一つはクレジットカードのキャッシング利用で残高不足と扱われる場合です。
クレジットカードには、キャッシング機能があるものもあります。
しかし、キャッシング機能を利用するには会社と手続きをする必要があります。
また、キャッシング機能をつけていない人もいるでしょう。
そういった人たちが、キャッシング機能を利用しようとしても、残高不足と扱われて、ATMでのキャッシングはできません。

 

次が利用限度額による残高不足です。
キャッシングカードを利用するときは、限度額が設定されます。
あなたのキャッシングカードの利用限度額が50万円で、30万円既に借りているとしましょう。
この場合は、あと20万円しか借りることができません。
もしあと20万円しか借りられないのに、30万円借りようとすると、残高不足で断られます。

 

今度は返済時の残高不足の話です。
口座振替で返済を行えるキャッシング会社もありまが、返済用に用意した銀行口座にお金が入っていないと、返済日に口座振替が行われません。
あなたがもし、10万円の借金を返したいのに、銀行口座に5万円しか入っていないと、返済処理が行われず、借りようとしても残高不足になります。
これは、きとんと返済用のお金を講座に用意すれば防ぐことができます。

 

お金はキャッシング会社との信頼関係により成り立っています。
キャッシングの残高不足は、私たちの不注意で発生する場合が多いです。
あまりにトラブルが多いと、キャッシング会社との信頼関係にヒビが入りますから、気をつけて行いましょう。