便利な返済シュミレーション

具体的な返済のイメージをつくる

キャッシング会社を利用する上で、返済シミュレーションは便利ですから、是非とも利用するべきです。

 

例えば、あなたが10万円のキャッシングをしたと仮定しましょう。
これは10ヶ月で返金するとすると、一ヶ月に10,000万円返していけば返金は完了すると思いますが、答えは違います。
なぜなら、この場合キャッシングで発生する利子の存在を忘れているからです。
家族や友達・恋人などから借金をする場合は、利子がいらない場合もあります。
しかし、キャッシング会社は違います。
月々の返済には利子が発生するので、利子を含めてきちんと返済できるかがポイントになります。

 

返済方法はキャッシング会社によって異なりますが、2種類あります。
一つは、希望金額を元にして、どれくらいの期間で返済するかを計算する方法です。
この方法では、利用希望金額と仮定した利子、自分が返済したい期間を入力していきます。
これらのデーターを入力すると、月々にいくら返済すれば、自分の希望する返済期間で返済できるかがわかります。

 

2つ目は利用希望金額を元にして、毎月いくらの金額を返済していけば、いつ返済が終了するかというシミュレーションです。
このシミュレーションの場合は、利用希望金額と毎月の返済金額のみをデーターをして扱います。
一つ目のシミュレーションでは、いつまでに返済したいというひとにおすすめしたい方法ですが、時間をかけて返済したいひとや毎月の返済金額に上限のあるひとは、2つ目のシミュレーションがいいでしょう。

 

返済シミュレーションを使えば、自分がいくらキャッシングを利用できるのか、どれくらいの期間でどれくらいの利子で返済するばいいのかがわかります。
自分がきちんとかえせるかどうかが分かるので、是非活用しましょう。